MauticをAWS上で使ってみよう!③(SES独自ドメインメール設定編)

AWSラボ
スポンサーリンク

「MauticをAWS上で使ってみよう!」第3回目となります。

前回まではMauticをAWS上に立ち上げ、Let’s Encriptを使って無料でMauticのサイトSSL化するところまで行いましたね。

さて、Mauticといえば「メールマーケティング」です。
メールが独自ドメインでないと、カッコつきませんよね?

AWSではSESという独自ドメインを利用したメール送信サービスがあります。

今回は、Amazon SESを使ってMauticから送信されるメールを独自ドメインにする設定方法をご紹介したいと思います。

MauticでAmazon SESを設定してみよう

事前準備:SESで独自ドメインを設定する

それでは早速、MauticにAmazon SESによるメール送信サービスを設定したいと思います。

と、その前に・・・

SESにつきまして最低限の設定準備が必要となります。

MauticにSESを設定する前に以下の3つの作業を行いましょう。

  1. SESへ独自ドメインを登録する
  2. AWSへ制限解除申請を行う
  3. SMTPのユーザー名とパスワードを作成する

上記3つの作業は、次の記事で方法を紹介しておりますので、方法がわからない方はそちらをご一読ください。

「1.SESへ独自ドメインを登録」、「2.AWSへ制限解除申請を行う」方法はこちら
「3.SMTPのユーザー名とパスワードを作成する」方法はこちら

3つの準備作業が完了しましたら、次の手順でMauticに独自ドメインメールの設定を行います。

MauticにSESを設定する

(1)Mauticへログインします

(2)画面右上にある歯車アイコンをクリックします

(3)Settingsメニューが表示されますので、[Configuration]をクリックします

(4)左側の”Configuration”から[Email Settings]をクリックします

(5)”Mail Send Settings”の各種設定変更を行います。

“Serveice to send mail through”を[Other SMTP Sever]から[Amazon SES]へ変更すると、2枚目の画像のように項目種類が変わります。

<1枚目:初期状態>

<2枚目:設定変更後>

上記の2枚目のように設定を変更します。

▼変更する項目

  1. Name to send mail as:メール送信者の名前  (例)Tech Dive
  2. E-mail address to send mail from:送信アドレス  (例)info@tech-dive.xyz
  3. Service to send mail through:何のメール送信サービスを利用するのか  Amazon SES
  4. Amazon SES Host:リージョンごとに定められたSESのSMTPサーバー名  (例)email-smtp.us-east-1.amazonaws.com
  5. Username for the selected mail service:SESのSMTPユーザー名
  6. Password for the selected mail service:SESのSMTPパスワード

4〜6について、わからない場合は、次の記事の「SMTPのユーザー名とパスワードを作成する」部分をご一読ください
SESを使ってWordPressで独自ドメインメールを送信する方法

(6)変更できましたら[Test connection]をクリックしメール送信が問題なく行えるよう確認します。
問題なければ以下のように「Success!」と表示されます。

(7)右上にある[Apply]をクリックし、設定変更を適用して完了です。


いかがでしたでしょうか?

今回は、MauticにSES独自ドメインメールを設定する方法をご紹介しました!

以上、hidesanでした!

 

Mauticについて知りたい方は、次の記事もどうぞ!

Mautic関連リンク

MauticをAWS上で使ってみよう!①(インストール編)
MauticをAWS上で使ってみよう!②(SSL化編)
MauticをAWS上で使ってみよう!③(SES独自ドメインメール設定編)
MauticをAWS上で使ってみよう!④(フォーム作成編)

タイトルとURLをコピーしました