同じストレージなのに何が違うの?EBSとS3の違い

S3
スポンサーリンク

AWSにはストレージに属するサービスががいくつかあります。

  • EBS
  • EFS
  • S3
  • Glacier
  • Storage Gateway
    etc…

その中でも特によく使われるのが、”EBS(Elastic Block Store)“と”S3“ですよね。

AWSを使い始めると、このEBSとS3って一体何が違うねん!
と思われる方、多いと思います。

私もAWSを触りはじめた頃、「同じストレージなのに何でサービスが分かれているのかワケわからん」と思っていました。

今回はこのような疑問を持たれている方を対象にEBSとS3の違いについてお話したいと思います。

★本記事では以下の目次で進めさせていただきます!!( ^ω^ )

スポンサーリンク

ここが違う!EBSとS3の差

EC2へ直接アタッチできるかどうか

まず大きな違いはEC2サーバに直接アタッチできるかどうかです。

“EC2へ直接アタッチする”とは、WindowsでいうところのCドライブのようにOS上でストレージデバイスとして認識させ、データのやり取りができる、ということです。”マウント”とほぼ同じ意味です。

EC2とEBSとS3

EBSはPCでいうところのHDDにあたります。

使用する際はEC2にアタッチして使います。

その点、S3はEC2にアタッチできません。

たまに「S3のバケットをEC2にマウントする」というイメージを持たれている方がいるのですが、
残念ながら、そのようなことはS3はできません。(もちろんシンボリックリンクも作れません。)

EC2はS3からネットワークを通してデータをダウンロードしたり、アップロードしたりします。
一見NASのようにも見えますが、S3単体ではES2からS3に直接マウントすることはできません。
ここが大きな違いの一つであり、勘違いしやすい部分です。

※S3単体ではNASのように使えませんが、Storage Gatewayを使えばS3をNASのように使うことが可能です。
その方法にご興味がありましたら次の記事をお読みください。

容量無制限のNASを手に入れる!MacでS3に直接接続する方法

データ転送速度が異なる

ネットワークストレージ(例えばDropBoxやGoogleDrive)はネットワーク通信を利用するため、当たり前ですがローカルのハードディスクと比べたら断然遅いですよね。

似たようなことがEBSとS3にも言えます。

S3はネットワークストレージ、EBSはローカルのハードディスクと同じです。

ということは、データを出し入れする速度はS3よりEBSの方が圧倒的に速いんです。

容量制限の有無が異なる

もう一つの大きな違いは容量制限があるかどうかです。

EBSを使用する場合、あらかじめ容量を確定させてからアタッチします。

例えばEC2インスタンスのディスク容量は30GBにしたいと思ったら、30GBのEBSを作成してEC2にアタッチします。
アタッチ後でも容量拡張はできるとはいえ、それでも上限値は定められています。(上限値16TB)

それに比べてS3は上限値はありません。
容量無制限でS3に入れ放題です。

※EBSのアタッチ後の容量拡張についてご興味がありましたら、次の記事をお読みください。

EBSの拡張方法

課金の仕組みが異なる

さきほどEBSはまず最初に容量を決めて作成すると書きました。
30GBだったら30GB分のEBSを作成します。

EBSは作成したら、その分利用料として支払うこととなります。

仮にそのうち実際に利用しているのが1GBであろうが、1MBであろうが30GB分が課金される仕組みです。

その点、S3は使ったら使った分だけ課金される仕組みとなります。
同じ利用データサイズだったら、これだけでS3の方がお得感ありますよね?

利用料金が異なる

課金の仕組みも異なりますが、1GBあたりの料金設定も異なります。

結論から言うとEBSよりS3の方が1GBあたりの料金は安いです。

 EBSS3
0〜50TBまで13.8円2.875円
50〜500TBまで2.76円
500TB以上2.645円

※1ドル=115円で換算しています。
※2018.12.01時点の東京リージョンの料金です。正確には以下のページをご確認ください。
EBS料金 S3料金

なんとS3はEBSの5分の1程度の料金!!

※しかもS3のストレージクラスを意識するとさらにその差は開きます。
コスト削減 ストレージクラス分けでS3のコストを徹底的にしぼる!

ということは、低コストでAWSを運用したいのであれば、
ストレージ周りについて以下の2点に注意すればいいわけです。

  1. EBSはできる限り小さくすること
  2. データの格納はできる限りEBSではなくS3にすること

いかがですか?同じストレージの部類でもこんなにも大きな差があるサービスです。

適切な使い方を行い、低コスト高パフォーマンスのシステムを構築していってくださいね。

以上、hidesanでした!

スポンサーリンク
S3
Tech Dive
タイトルとURLをコピーしました